關於部落格
empty
  • 199

    累積人氣

  • 0

    今日人氣

    0

    追蹤人氣

京都も大阪も憧

別の京都人に言わせると、「京都は宮文化の中で生きてきた土地やから、京都人には
優雅さはあるが力がない。力がないからあっちにいい顔をし、こっちにいい顔をして、
柔らかい言葉で人を傷つけないようにし、争わないように生きるしかなかった。それが
京都人の言葉や性格を生んだんや」との事。
な~るほど納得。

私が「言葉や性格の由来はわかったけど、なんなんやろな、この京都人のプライドは。
何から来たプライドなんやろ」と言うと
友人は「決まってるやん、愛よ、愛!」
とダンナと同じことを言うてました。

すると、この話を聞いてた鳥取県人が「落ちぶれた貴族が、私は貴族の出だと自慢げに
言ったり、貧乏な家の者が、昔は立派な家柄やったんや、と言う、それと同じレベルの
気がするけど」と言ったものだから
「それは聞き捨てならんわ!」と京都人が猛反発。
あわてた鳥取県人が「いやいや、鳥取からしたら京都も大阪も憧れの県や。でも鳥取が
やっぱり1番やけどさ」と言ったもんだから、ここでも県民戦争が勃発。
「うちの県はここがすばらしい」の言い合い合戦となりましたが、最後に
「結局、みんな生まれた土地が1番と思ってるということや。でも、大阪人がここにいなくて
よかったわ。いたら大阪が1番やと言い張ってきかへんで」
「そうそう、大阪には吉本があるとでも言われたらたまらんわ」の言葉にみんなが納得し、
大阪を敵に回して県民戦争は終結を迎えました。

西国の懐かしさ ぎりぎりの最終日 巣食っていたのだろ 空海のほかに 文学の世界 この物件を見せてほし 空の雲を想像 一番先に目に付 ワンズとの散歩は 願いを聞いてく
相簿設定
標籤設定
相簿狀態